シュリンプ飼育に適した水温は?

水温管理は 水質管理とともに 基本であり重要です

ずばり24度前後にキープすれば問題ありません

24度前後じゃなければいけないというわけではないです

シュリンプは低温に強く 高温にめっぽう弱い性質ですので
夏場の室温上昇による水温上昇を 十分に注意して下さい

夏場以外の時期は 水温が下がり過ぎないように気をつければ大丈夫です
具体的には20度~26度の間をキープしましょう

夏場の暑い時期は水温と共に酸素供給にも気をつける必要があります

水温が上がってくると 水槽内(ろ過器やソイル内)のバクテリアの活性が良くなり
酸素の消費量が増えます

その結果 酸素溶存量が減り シュリンプ達が酸欠になる危険性が上がります

また 雑菌などの繁殖も早くなり 水質が悪化しやすいので
シュリンプへのダメージも 気をつける必要があります

冬はヒーターを入れておけばいいのですが
ごくまれにヒーターの故障で 水温が以上に上がってしまうトラブルが起こるかもしれません

ヒーターの動作確認や水温チェックは必要ですね

飼育するだけなら先ほどお伝えした20度~26度の範囲をキープすればいいのですが
繁殖させたい場合は もっとシビアに水温を管理したほうがいいです

シュリンプの繁殖と 水温は 少なからず関係してきます

水温が高ければ調子が悪くなりやすく
低ければ動きが鈍くなってしまいます

そういったことも踏まえて 24度前後キープが無難でしょうね

水温計は安いもので100円台 デジタル式のものでも1000円以内で手に入りますので
できればデジタル式のものを書く水槽につずつ用意したほうがいいと思います

ただし 水槽が何十本もある環境ですと 水槽ごとにヒーターや冷却ファン・水温計を設置するのは
器具のコストや電気代も増えますので
ある程度の規模を超えたら エアコンで室内温度を管理したほうが
結果的に電気代を安く抑えることができます

具体的な水槽の数は 部屋の広さや生活スタイルによっても違ってくるので
何本以上はエアコン管理がいいとは言えませんが
水槽の数が増えて 管理が大変だなぁと思った時が切り替えポイントかもしれませんね

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です