よく使われている人気のソイル

シュリンプブリーダーの間で人気のソイルをいくつか紹介します

まずは 『ADA アマゾニア (パウダータイプ)

水草のメインの水槽でも多用される有名なソイルです
特徴としては ソイルに含まれる有機物や腐植酸など
水草の成長に必要な栄養素を多分に含んでいます

いわゆる栄養系のソイルの代表格が アマゾニアです

 

アマゾニアの扱いには注意が必要で
水槽を立ち上げたばかりのときは 栄養過多になり
苔が大量発生したり 魚やシュリンプにとって有毒なアンモニアが発生します

ソイルに含まれる有機物が多ければ多いほど
アンモニアの発生する量も多くなるので
栄養系のソイル全般 水槽立ち上げ時には アンモニア濃度に気をつけてください

特にアンモニアに弱いシュリンプを飼育する場合は
アマゾニアなどの栄養系ソイルを入れたら 1ヶ月以上は空回しして様子を見てください

アンモニア濃度を調べる試薬を使えば 数日でアンモニアが検知されるのがわかります
それから濾過バクテリア(ニトロソモナス)が繁殖してきたら アンモニアを亜硝酸塩に分解するので
今度は亜硝酸塩の量が増えてきます

亜硝酸塩はアンモニアよりは毒性が弱いですが シュリンプにとっては有害です

さらに時間が経つと 亜硝酸塩を分解するバクテリア(ニトロバクター)によって
亜硝酸塩が硝酸塩に分解されます

この時点でようやく 水槽にシュリンプを入れれる環境が整います
※この工程を (アクアリストにとって)一般的に「水槽の立ち上げ」と言われるようです

ヤマトヌマエビや比較的丈夫なエビなので レッドビーシュリンプなどを入れる前に
ヤマトヌマエビを入れて様子を見ればより安心です

 

水槽を早く立ち上げるには バクテリアの存在が重要で
各社から販売されている バクテリアをソイルや水槽に添加することで
より早く水槽の立ち上げができます

ただし バクテリアの種類や添加する量を間違えると
逆効果になるので 説明をよく読んで使うか
実際使っている専門の人にアドバイスを聞いたほうが安全です

 

アマゾニアの(パウダータイプ)と書いたのには理由があって
ソイルの粒の大きいノーマルタイプもありますが
粒の細かいパウダータイプのほうがよく使われます

値段的にはパウダータイプのほうが高いんですが
他の種類のソイル(ノーマルタイプ)の上に アマゾニアのパウダータイプを重ねて敷く使い方をよくされます

組み合わせるソイルは 吸着系が多いのですが
大量に発生するアンモニアなどの物質を 吸着系ソイルに吸収させることで
より早く立ち上がるのと 水質が安定しやすい効果があるからです

ソイルの中には栄養系と吸着系の間みたいな特性のものもあるので
初めからそういったソイル1種類を使うほうが 簡単かもしれません

 

アマゾニアだけでかなりの文章になってしまったので(いろいろ余談を挟みすぎ…)
別の記事で 他のソイルや ブリーダーさんが実際使っているソイルの組み合わせを紹介したいと思います

 

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です